手相を見れば本当に未来を切り開くことが可能なのか

手相を見ればなにが分かるのか、それは直近の占いというよりもどちらかといえば、その人の生き様や人生などを見ることが出来ると言われています。運気を見ることもできますし、運気を見て変えることもできるのが特徴です。

手は右手か左手かどちらで見るのがいいのか?

手を見るとき、右手か左手かどちらで見るのがいいのでしょうか??

左手の方がいいとか、右手の方がいいとか、いろいろなことが言われていますが実は、どちらの手でもいいとのことですので、実際は右手でも左手でもいいのです。

しかし手を見てもらうのはどちらの手でもいいのですが、意味が違っていますので、それぞれの意味について知っておいたほうがいいでしょう。左手の意味は先天的な意味があります。例えばこれまでの人生、つまり過去ですよね。

過去のことや生まれ持っているその人の素質、そして生まれ持った性格や潜在意識について、これを見るなら左手です。そして右手は後天的なことですので、生まれてからのことということになります。

現在、未来がここで見ることができます。自分で掴んで得た様々な才能を見ることができますし、これまでに得て来た経験なども右手で見ることができます。左手は潜在意識でしたが、右手は顕在意識を見ることができます。

これは右利きの人の話なので、左利きの人は全く反対になります。

最強と言われる右手にある線を見つけてみましょう!

最強と言われている線があります。マスカケ線という名前がついているのですが、これは知識線と、感情線が1直線になって手のひらになって横切っている形をしています。

この手相を持っていた有名な歴史上の人物では例えば、徳川家康であったり、豊臣秀吉などがこの線が刻まれていたようです。そのことから天下取りの線という名前が付いています。

これまでの歴代の総理大臣や一流のスポーツ選手、有名な音楽家たちもこのせんがあったと言われており、マスカケ線を持っていれば天下を取ることが出来ると言われています。

もし右手を見てマスカケ線が入っていた場合には強運がこの先出てくるかもしれません。マスカケ線を持っている人の特徴は人より優れている能力を持っていてそれを発揮します。世界の第一人者にもなることもあります。

大きいチャンスが入ってきてチャンスを最大限生かします。大胆な行動もとって新しいチャンスも呼ぶことができる人です。

億万長者になれる線が有るのでチェックしてみましょう!

天下を取れるマスカケ線の次は億万長者になることができると言われている一覇王線です。このせん覇運命線と太陽線、そして財運線が手のひらの真ん中で交わっている人のことをいいます。

この手のしわを持っている人は強運を呼ぶことができて強力な運気を惹きつけるとのことです。例えばパナソニックの創業者である松下幸之助やプロ野球選手で有名な王貞治選手、ダウンタウンの松本人志などもこのせんが有ることで知られています。

我が道を進むことで大成功しているタイプです。そして金銭面でも高い収入を得ているというのが特徴です。

強運に恵まれた人生を手に入れることができるかもしれません。この人は有り余るパワーを持っていて強運をきっと手に入れることができると言われています。

やはりそれなりにお金を持っている人というのは成功している人ですので、そういった人たちの手のひらを見てみるとそれが手のひらに現れていることが多いでしょう。

見ればその人の運気や成功できるかどうかがわかるといいますが、それは本当のことだったようです。