手相の左右の違いでわかる人生や運気について

手相を見てみると左手の手相と右手の手相は違いがあります。右手左手違っていていいのか、それとも一緒の方がいいのか、どちらがいいのでしょうか。意識をしたことがなかったかもしれませんが特徴についてここでは見ていきたいと思います。

左手と右手の線が一緒の人の特徴とは?

左手と右手の線が全く一緒という人もいるのではないでしょうか。手のひらを見ると四大基本線が見えます。これは生命線、知能線、感情線、運命線のことをいいます。

この四本の線が全て右も左も一緒、まるで鏡で移しているようだという人もいるでしょう。そう言った人は特徴があり左右一緒の人の性格や特徴が現れています。例えば真面目である、素直である嘘が付けないといった特徴があります。

そしてそれは裏を返せば人付き合いがとても不器用であるということにもつながります。こうしたタイプの人というのは大器晩成型と言われておりコツコツと、地道に成長を遂げていきます。

そのために派手に出世したりするということは内のですが、少しずつ成長していきますので、職人に向いていたり技術を身に付ける人に向いていると言われています。専門的なことを深めていくのに向いているでしょう。

左手と右手の線が違っている人の特徴とは?

左手の線と右手の線が全く違っていて別人のような手のひらのなかという人もいます。この人にも特徴があります。例えば好奇心が強い人、協調性があるけれど様々な人と交流することができて、様々なタイプの仕事で活躍を遂げられる人という特徴があります。

しかし飽きっぽい一面もありますので、転職を繰り返すことで苦労することだってよくあることです。転職そのものは自分のキャリアアップのためなどに行うのであればいいのですが、何も続かないとレッテルを貼られてしまうこともありますので気をつけたいですね。

コミュニケーションを取る力はとても強く、リーダーシップを取ることもできますので、マルチなジャンルで活躍できるとも言われています。人の前に出る仕事や接客、サービス業などが向いているのではないでしょうか。

様々な方面での活躍が期待できる人、それが左右全く違っている人の特徴です。自分の手のひらを見て、全く違っているという人はこのようなことを意識して見るといいでしょう。才能を伸ばすことができます。